三宮のセクキャバで働くストレスとその対処

セクキャバ嬢は非常にストレスのたまる仕事です。そもそも給料が高いのは、性的サービス自体が心身ともに大きなストレスの影響を受けるからです。安心して働くことはなかなか難しいです。そのため長く続けることが困難だったり、ストレスによって稼いだお金を一気に使ってしまって結局何のために働いているのかを見失ってしまう場合も少なくありません。

中にはストレス発散を求めてセクキャバ嬢を頼む男性もいます。そのような方の中には性行為をしておきながらくどくどとセクキャバ嬢に文句や説教を言ったり、罵詈雑言を浴びせたり、あからさまにいやな態度を取る人さえいます。酷い場合にはもちろんお店側が何らかの対処をしてくれる場合もありますが、軽い場合や立証し難い場合は泣き寝入りすることさえ少なくありません。またこの仕事を選んでいる自分のせいなのだと自分を知らず知らずのうちに攻めて、泣き寝入りしてしまう方も多くいます。

このような場合に大切なのは、自分は不当な扱いを受けて腹が立っているのだという自覚です。自覚したうえで対処するか我慢するかを選ぶのが良いでしょう。しかし自覚がない場合、そのまま自分の中の怒りに気づけないままでいると、身体を壊すほど浴びるように酒を飲んだり、際限なく欲しいものを買うことに繋がってしまいます。ストレスで自分のしていることがわからなくなるよりも前にそれを自覚して対処することが大切です。

サブコンテンツ